Éd/zotérique

読書の備忘録

読む本リスト

 

f:id:nefou55:20141107125031j:plain

クランチのほうにメモった必読本リストをこちらにも。一部はすでに読めているので、既読のものは色分けしておきます。一部追加してます(※随時更新)。ぶっちゃけこのペースだと読書だけで寿命が尽きるわ……。

クランチは色分けなどできないので、そのためだけにブログ開設したようなものだけど、なんか続けられる気もしないし、どう使うかについては考え中。別にいらんという気もしてる、すごく。

 

「読まずに死ねるか」世界名作シリーズ: 
ギルガメシュ叙事詩』 
千夜一夜物語』(バートン版推奨) 
『カレワラ』 

プラトンティマイオス』 
プロティノス『エネアデス』 
オウィディウス『変身物語』 
プリニウス『博物誌』 

ヤコブス・デ・ウォラギネ『黄金伝説』(第一巻の一部だけ既読)
ダンテ『神曲
『薔薇物語』 
メリュジーヌ物語』 (既読はクードレット版なので、ジャン・ダラス版を読みたい)
アリオスト『狂えるオルランド』

ロランの歌

クレチアン・ド・トロワ『ランスロまたは荷車の騎士』

マリー・ド・フランス『十二の恋の物語』
シェイクスピア『リチャード三世』 

コルネイユ『ル・シッド』 
ボーマルシェフィガロの結婚』 
ルソー『新エロイーズ』『社会契約論』 
モンテスキュー『法の精神』『ペルシア人の手紙』 
ディドロ『ラモーの甥』
ラクロ『危険な関係』(たしか途中ではたりと……)
カザノヴァ『回想録』 (パリに出てくるあたりで止まったような)

ハイネ『流刑の神々』
グリム『ドイツ伝説集』(上巻のみ既読)
ゲーテ『イタリア紀行』『親和力』

スタンダール『パルムの僧院』『チェンチ一族』
ミシュレフランス史』 
フロベール『聖アントワーヌの誘惑』 
ユゴーレ・ミゼラブル』 
デュマ『三銃士』  
ゾラ『ジェルミナル』 

ウィリアム・ブレイクの詩 
W・B・イェイツ →詩とケルトとオカルト

イプセンペール・ギュント』 
プルースト『見出された時』(「逃げ去る女」まで読んだ記憶) 
T・S・エリオット『荒地』

ウンベルト・エーコフーコーの振り子

 ---------------

明らかに18世紀が苦手なんだろ、って感じ。あと、20世紀以降もなんだかあまり興味もてないのです。理論的すぎ、実験的すぎるせいかなー

当方は数年前までフランス文学研究なんてことやってたのですが、始めたのがやたら遅かったのと完全に専門馬鹿化してましたので、それもあり意外に有名作で読めてないのが多かったりします……恥。

 

広告を非表示にする